波戸岬少年自然の家での、利用者や施設の様子を随時、発信してまいります。

こんにちは。

初夏を迎え、日が長くなってきました。

夕方、波戸岬の空にはきれいな夕焼け空が広がります。

波戸岬から20分ほど車を走らせるとこのような美しい風景も見ることが出来ます。

今年度は5月6日まで10連休のGWがありましたが、休み明けから続々と宿泊学習の受け入れが始まっております。

参加者の生徒、児童は連休の疲れを感じさせることなく、活動や研修を一生懸命取り組んでいます。

先日、夕べのつどいで素敵な様子を見させてもらいました。

聞いてくれる人たちのために写真や図を使い、工夫を凝らして一生懸命紹介してくれた代表の人たち、

その発表を真剣に聞こうとする人たち、双方の姿に思いやりを感じられ、とても嬉しい気持ちになりました。

「聞くは思いやり、言葉はおくりもの」

ある学校からこの言葉を教えてもらいました。まさしくそれが形となった夕べのつどいでした。

このような参加者の姿から、私たち職員はたくさんの力をもらいます。

その力で6月も元気に頑張りたいと思います。

みなさんとお会いできるのを楽しみにお待ちしております!

 

 

指導員 植田 楓